保育料

認可保育園の保育料が安い区&高い区ランキング【東京23区】

投稿日:2019年2月4日 更新日:

 

一般的には「認可保育園は認可外保育園よりも保育料が安い」と言われています。

これは認可保育園には国や自治体から補助金が出ているため、保護者負担が少なくて済むからです。

認可保育園の保育料は区市町村民税所得割に応じて異なります。

つまり収入が多い世帯ほど、保育料も高くなるということです。

なんとなく、これは分かりますよね。

 

ただ、実は住んでいる自治体によっても、保育料は大きく異なるのです。

ここでは、世帯年収別に保育料の安い区ランキングを紹介します。

 

1. 世帯年収600万円 保育料の安い区ランキング

 

ここでは夫が400万円、妻が200万円で世帯年収600万円となる場合を想定します。

それぞれの区市町村民税所得割を合計すると135,360円になると予想されます。

保育料の安い区ランキングは以下のとおり。

渋谷区 7,490
中央区 16,300
港区 18,300
新宿区 19,100
目黒区 20,600
千代田区 21,500
板橋区 23,100
練馬区 23,300
文京区 23,600
荒川区 23,600
足立区 24,700
大田区 25,400
葛飾区 25,500
豊島区 25,700
江戸川区 25,900
世田谷区 27,000
中野区 27,500
北区 27,500
品川区 28,300
台東区 28,800
江東区 29,800
杉並区 30,600
墨田区 32,500

※墨田区では平成28~30年度で段階的に保育料が引き上げられる予定。ここでは平成30年度の金額を記載しています。

 

保育料の安い区、第1位は渋谷区、第2位は中央区、第3位は港区。

保育料の高い区、第1位は墨田区、第2位は杉並区、第3位は江東区。

最も安い渋谷区では7,490円となりますが、最も高い墨田区では32.500円となります。

驚くことに4倍も違いがありました!年間にすると、差額は30万円近いですね。

渋谷区が23区のなかで突出して保育料が安いようです。

2位の中央区と比べても半額で済んでしまいます。渋谷区、子育て世帯に優しい!

 

2. 世帯年収1000万円 保育料の安い区ランキング

 

ここでは夫が600万円、妻が400万円で世帯年収1000万円となる場合を想定します。

それぞれの区市町村民税所得割を合計すると283,200円になると予想されます。

保育料の安い区ランキングは以下のとおり。

渋谷区 12,960
中央区 26,500
目黒区 33,400
新宿区 34,200
文京区 34,200
港区 35,200
足立区 35,200
葛飾区 35,700
練馬区 37,000
千代田区 37,200
中野区 37,200
北区 38,500
江戸川区 39,100
台東区 40,300
品川区 41,000
杉並区 41,000
大田区 42,500
荒川区 43,400
豊島区 43,600
板橋区 44,200
世田谷区 45,500
江東区 46,800
墨田区 50,000

 

保育料の安い区、第1位は渋谷区、第2位は中央区、第3位は目黒区。

保育料の高い区、第1位は墨田区、第2位は江東区、第3位は世田谷区。

やはり最も安い渋谷区では12,960円となりますが、最も高い墨田区では50,000円となります。

ここでも4倍もの違いがあります。渋谷区の独り勝ちですね。

 

3. 世帯年収1500万円 保育料の安い区ランキング

 

ここでは夫が1000万円、妻が500万円で世帯年収500万円となる場合を想定します。

それぞれの区市町村民税所得割を合計すると516,900円になると予想されます。

保育料の安い区ランキングは以下のとおり。

中央区 45,900
渋谷区 53,700
文京区 53,700
新宿区 57,500
葛飾区 57,500
千代田区 57,500
中野区 57,500
北区 57,500
足立区 57,900
江戸川区 58,500
荒川区 61,300
目黒区 62,100
豊島区 62,700
港区 63,500
杉並区 64,400
品川区 66,900
台東区 67,100
世田谷区 67,300
大田区 68,000
練馬区 69,500
江東区 70,500
板橋区 71,100
墨田区 73,800

 

保育料の安い区、第1位は中央区、第2位は渋谷区、第3位は文京区。

保育料の高い区、第1位は墨田区、第2位は板橋区、第3位は江東区。

これまで首位を保っていた渋谷区が中央区に逆転されましたね。

一番保育料の高い墨田区との差も小さくなってきました。

 

4. 世帯年収2000万円 保育料の安い区ランキング

 

ここでは夫が1000万円、妻が1000万円で世帯年収2000万円となる場合を想定します。

それぞれの区市町村民税所得割を合計すると750,600円になると予想されます。

保育料の安い区ランキングは以下のとおり。

中央区 53,900
葛飾区 57,500
千代田区 57,500
江戸川区 58,500
渋谷区 61,500
中野区 61,800
北区 62,000
文京区 62,500
豊島区 62,900
新宿区 66,100
足立区 68,500
荒川区 68,900
練馬区 70,700
大田区 71,800
板橋区 73,200
墨田区 73,800
台東区 74,100
品川区 74,300
世田谷区 74,500
港区 76,400
杉並区 77,500
目黒区 77,700
江東区 77,700

 

保育料の安い区、第1位は中央区、第2位は葛飾区、第3位は千代田区。

保育料の高い区、第1位は江東区、第2位は目黒区、第3位は杉並区。

世帯年収が2000万円あっても中央区の保育料は、たったの5万3千円なんですね。

もっと負担してもらっても良いような気がしますが・・・お金がある区なんでしょうか・・・。

 

 

5.まとめ

 

世帯年収によって保育料の安い区&高い区ランキングは変わってくることが分かりました。

特に世帯年収が低い場合ほど保育料に差がある状況のようです。

年間30万円も変わってくるのは、少し考えものですね。

もっと23区間で予算の融通を利かせられれば良いと思いますが、現実は難しそうですね。

 

*お金に関連する記事はコチラ*

保育料は市町村民税所得割で決まる!世帯年収から計算してみよう!

認可保育園の保育料が安い区&高い区ランキング【東京23区】

ふるさと納税をすると保育園の選考が不利になる!?噂の真相について

育休手当、いくら貰える?育休手当を計算してみよう!復帰するより得になることも。

育休はいつまで延長できる?延長手続きの期限までに不承諾通知を受け取ろう!

確定申告で保育料が変わる!不動産の売却益で保育料が上がってしまった話







-保育料

Copyright© 保活まにゅある , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.